U.S.-LawSchool

U.S.-LawSchool

変化する米国ロースクールの教育現場 ~ソクラテスメソッドから実務教育重視へ~

1.背景 米国のロースクールでは、19世紀Harvard Law SchoolにおいてChristopher Columbus Langdellにより始められたソクラテスメソッドまたはケースメソッドと呼ばれる方法による法学教育がモデルとな...
U.S.-LawSchool

21世紀の弁護士業務の新しい価値創造:Transaction Engineering

20世紀に至るまで、主要な弁護士業務は訴訟業務であるというのが社会的な通念であった。 訴訟業務は当事者間の紛争を前提とするものであり、本来であれば生じない費用と時間の負担を当事者は強いられることになり、訴訟に巻き込まれる当事者にとっては、...
U.S.-LawSchool

米国ロースクール卒業生の就職事情

米国ロースクール2007年度卒業生の就職状況について、The National Association for Law Placement (“NALP”)からデータ(American Bar Associationの全米法曹協会公認の18...
U.S.-LawSchool

米国ロースクール留学について -5-

州(例:ニューヨーク州)の司法試験(Bar Examination)受験について LL.M.を終え必要な要件を満たせば、ニューヨーク州やカリフォルニア州で州の司法試験(Bar Examination)を受験できることになります。多くの日本...
U.S.-LawSchool

米国ロースクール留学について -4-

米国ロースクールへのLL.M.入学手続き:願書の準備・提出 LL.M.への入学手続きは、それぞれのロースクールで異なりますが、法科大学院や大学の成績(できるだけGPAの高いことが望ましい)、TOEFL(できるだけ得点が高いことが望ましいし...
U.S.-LawSchool

米国ロースクール留学について -3-

5大事務所弁護士の米国ロースクール留学事情 前述のように、法律事務所、企業、官公庁などから多数の若い人材が米国ロースクールに派遣されていますが、特に企業や官公庁などの留学に関するデータは個別組織に留まって外部に公開されません。また、各ロー...
U.S.-LawSchool

米国ロースクール留学について -2-

米国ロースクールでどういうコースを選択すべきか? LL.M.コースについて 最近では、前述のJ.D.コースに進む日本人も少なからずいますが、アメリカ人の学生と同等な語学力が要求されますので、現実的には帰国子女や高校までに留学経験があ...
U.S.-LawSchool

米国ロースクール留学について -1-

米国ロースクール留学について ~国際関係の仕事を目指す法科大学院在学生および修了生のために~ グローバル化が進む中、法律業務においても企業取引を中心にグローバル関連の業務が急増しています。国際取引分野は、弁護士にとり、将来、拡大の可...
タイトルとURLをコピーしました